U16サッカー日本代表・・・

こんにちは^ ^皆様お元気でしょうか?筆者は昨日行われたU16日本代表🇯🇵🆚U16メキシコ代表🇲🇽の試合を見に仙台市泉区にあるユアテックスタジアムスタジアム(ベガルタ仙台のホームスタジアム)に行って来ました。天候が不安定ではありましたが観戦無料という事もあり5000人弱入ってました。ほぼ日本のホーム🇯🇵って事もあり2-0でU16日本代表が勝利🏆見事カップ戦を勝ち抜きました、無失点、トータル9ゴールと圧倒的な強さで優勝しました。選手の皆様並びにスタッフの皆様お疲れ様でした〜っと言いたいところですが、ちょっと待ったー!!

私が気になったのは試合後の選手やスタッフの振る舞いが残念で仕方ありませんでした。

これは批判ではなく見習って欲しいのであえて厳しく書かせていただきます。試合後に日本選手並びにスタッフ一同はカップ🏆を持ち上げて喜びの歓喜に湧いてました。しかし私たちファンやサポーターは置き去り感があり悲しかった、負けたメキシコの選手が私達がいるスタジアムに近づくとみんなで写真を撮ろうと言ってくれてとても筆者はびっくりと同時に嬉しかった😊日本選手も喜びの歓喜の後にスタジアムの方へ近づき写真撮影をと思ったのですが手を振って遠くで終わり『あれ?なんか違うんじゃないかな』っと思いました。メキシコの選手は負けた辛さを押し込めてもファン(サポーター)の事を大事にするスピリットを感じました。

筆者は感謝の意をこめバス待ちをしお礼を言おうと待っていました、そこに1人の選手が近づいてきて声を掛けたら3人4人と集まって来てくれて写真を撮ろうとしたらなんとバスにいた選手周りにいた選手全員が来てくれて写真をとってくれました。筆者はとても感激したと同時のに興奮してしまいました。日本の選手🇯🇵にも写真を撮って貰おうと待ってましたが完全スルー😱何が違うのかお分かりだと思いますが、日本選手は何か遠くの存続に感じ、メキシコやウルグアイの選手は選手から近づいて来てくれまして、とても近い存在に感じ好印象を残し日本を去りました。たまたまかと思いますが、彼ら(メキシコ、ウルグアイの選手)は16歳でありながらプロ意識が合った様な気がしました。この差がA代表に出てくるのでしょう、日本人の良い所でもある控室の綺麗な使用は各国が真似をして欲しいのですが、プロスピリットについては日本がもっと見習って欲しいものです。

それではまた^ ^グラッシアスアミーゴメキシカン🇲🇽

わざさわ私に声を掛けて頂いたメキシコ大使の方ありがとう^ ^

井上🆚ドネア戦 感動😭

こんにちは^ ^スポーツ大好き💕の筆者としてはとても見たかった一戦でした。いゃ〜とても感動しましたね〜やっぱりスポーツの素晴らしさはライブに限ります、Amazonプライム様並びにこの一戦をプロモートして頂いた皆様に感謝致します🙇‍♂️もう感激で涙が😭2年7ヶ月も待ったこの一戦お互いにコロナ禍の中モチベーションを保つのも大変だったでしょう、フィリピン🇵🇭を代表するスーパースタードネア選手39歳にも拍手👏ですね、本当はるばる日本にまで来て頂きそして戦って頂きありがとうございました。

序盤から井上選手は圧倒すると言っていった通りにものすごいプレッシャーを与えドネア選手の戦意をそげ落として行きましたねー凄い!!一方ドネア選手も負け時にと行きたい所でしたが井上選手の方が1枚も2枚も上でした正に最強のボクサー、1ラウンド目からダウンを奪うと

2ラウンド目にもドネア選手のダウン⤵️を奪いテクニカルノックアウト(レフリーストップ)がかかり井上直哉選手の3団体統一王座になりました。

強い・強い・強い・・・それしか言葉に出来ませんでした。階級は違いますが全盛期のマイクタイソン並に他を寄せ付けない圧倒的な強さが見れました。日本人のボクサーがこんなに強いのは初めての経験なので正直びっくりです。

何が彼の凄さかって終わった後の顔が物語ってますよね、全く傷が無い!!ボッボックシングですよね!!ってツッコミを入れたくなるような強さ👍

強い、カッコいい、性格良い、お金がある、男に必要な要素がぜーーーーんぶ持っているのでは無いですか!!筆者見習わせていただきます🙇‍♂️

残りはWBOの世界タイトルのみとなりましたね、イギリスのパドラー🇬🇧選手との一戦も実現すると良いですね、楽しみが増えました♪今はパドラー選手が王座ですがカシメロ(フィリピン🇵🇭)がサウナで減量したとかで王座剥奪と前代未聞の騒動があり現在のパドラー選手が王座になっています。筆者としてはカシメロ選手の方が4度王座防衛しているので強いと思いますが、これは何か仕組まれた闇がありそうで井上🆚カシメロは事実上無さそうですが、本心からだとやってもらいたい。井上選手も恐らく最強のボクサーカシメロとやりたいのではと思います。まずはパドラー選手をボコボコにしてやっぱりカシメロしかいないと空気を作り現実に戦って井上直哉選手が世界最強の称号を手にしてもらいたいものです。

勝利の後の叱責の仕方が大事

躍動する日本の選手達

昨日wカップアジア最終予選オーストラリアVS日本戦が行われ 1-2で辛くも勝利を手にしました。しかしラッキーゴール(オンゴール)に助けられた感じで勝利でしたのでここから反省&修正しなければ次につながりません。スポーツで指導されている方なら是非実践してもらいたいのですが勝利のあとのミーティングでネガティブ(𠮟責)などは効果的です、しかし負けた後に同じような事をやると全く効果がありません、寧ろチーム内のバランスやガバナンスが悪くなります。日本の指導者の多くは後者をよくやる傾向がありますのでご注意ください。会社や家庭でも全く同じことが言えます、部下のミスや子供の失敗を叱責するとモチベーションはダダ下がりしますよね、やってはダメだと分かっているのにやってしまう上司や親御さんにはご自身のメンタル育成をするべきだと考えます。スポーツの指導者、部活動の先生もしかりです、長年様々な分野を見てきましたが日本の失敗した後の上司や指導者並びに親御様の言葉一つ一つが目の前の個人を傷つけている事にきずきましょう、そしてやめましょう、そんなことをしても無駄という事に早く気づいてください。

やっぱり・・・


やはり日本のサッカーはつまらなかったです。

これは私の知人のサッカースクール運営オーナーとのお話です。

日本は明らかにコンディションの良くない選手を数名試合に出場させていて、酷暑の中で更に消耗した結果、チャンスを不意にし、失点をする事になりました。

ポジションの配置も、選手の特性に合っておらず、選手自身のベストパフォーマンスを引き出せたとは到底思える内容ではありません。

また、サイドから縦にスピーディーなサッカーばかりを狙って、サウジからサイドに追いやられるプレスを掛けられた後は、かなりの確率でボールをロストする、という悪い流れを引き戻せないまま試合を終えた感じもしました。

サウジは日本を研究してましたね。
DFラインからボランチに入るボールへ激しく奪いに行き、ボランチの顔を前に向かせない、また、ボランチがDFに戻した後のトップ下・FWへボールが入るのを徹底的に潰していて、それがサウジには功を奏してました。

連動ももちろんですが、「変化をもたらす選手の不在」が、日本サッカーの弱点として、改めて露呈しましたね。

育成年代から変えるしかないです。
育成年代で勝利至上主義が蔓延っているから、結局こうなっているのだ、と育成年代の指導をしている私の課題でもあります。

全日本少年サッカー大会とか、選手権みたいな大会を無くしてしまえばいいと思います。

育成って、そもそも世界に通用する選手を育てるのが目的です。
勝利はあくまでもスポーツの目的を達成する為の手段でしかありません。
手段と目的を履き違えていては、良い仕事もできない様に、良い選手も育ちません。

ラソス・スポルチ・クルービ・センダイ
http://www.lacos.jp/index.html

日本サッカーに欠けている手段と目的、考えさせられます。

サウジ戦後落胆する選手

アメリカンフットボール女子 吉田未央選手とzoomでトーク

こんにちは^ ^本日女子のアメリカンフットボールの吉田未央選手とフランクにトークしました。アメリカのプロリーグにトライアウトを受けに行く前の忙しい中19歳でアメリカにチャレンジして行こうという姿勢にとても感銘受けました。誰かに言われて動いて失敗した時にはその人のせいにしてしまう、しかし自分で決断し自分で行動すると不思議と同じ結果であっても満足感が違う、そう、彼女の中には行動哲学がしっかり身についている証拠である。きっと成功も失敗もするだろう、しかしどちらにせよ私から見たら成功だ。11月のトライアウトの結果楽しみでしょうがない。応援📣してますよ!!

藤井七段おめでとう㊗️

おめでとう!藤井プロ最年少棋聖30年ぶりに更新

凄いですね〜なんて言っても17歳!!流石です。歳なんて関係無いですね、常識に囚われず様ぞな困難を超えている姿をみて素直に感動してます。私はスポーツを専門にブログを書いてますが、なぜ将棋と思われますが、実は将棋とスポーツと、とても関係があります。例えばサッカー⚽️を一つにとってもどうやって相手の陣地まで行ってゴールを取ろうかと考えることを取り上げてもとても将棋の戦略を立てて王を取りに行く行為にとても似ています。スポーツは体を使いますが、同時に頭も使います。スポーツで成功をしたいのであれば、是非日本人であれば、将棋をやってスポーツにも活かしてもらいたいものです。

Jリーグ開幕

いよいよ、プロ野球開幕から遅れるところ2週間Jリーグが開幕しましたね。まだまだコロナの影響で、手探りな所も有りますが少しづつ日常が戻って来ているように感じられます。しかし私だけでしょうか、コロナがの感染者数と死亡者すうが東アジアがとてつもなく少ない!!そこで少し調べました。そうすると東アジアの人々の中に既に新型コロナウィルスに対する似たような抗体が我々の中にある事を、でも何故?と思いませんか?東京大学の児玉龍彦教授が教えてくれてます。彼曰く元々東アジアでは、インフルエンザやコロナウィルス(風邪ウィルス)が発祥源になっていて何年もの間で蓄積された抗体が出来ているみたいです。なので、毎年起きているインフルエンザや風邪の患者数や死亡者の数があまり変わらないようです。私が何故このような事をブログにしているか!!それは東アジアの人々に関しては過度にこの新型(コロナウィルス)といえど、恐る事は無いのではと思ってます。それを様々な研究でこれから明らかになるでしょう。大事なのは情報をキャッチし、自ら考えて行動していける力を身につけて欲しいと言うことです。https://www.youtube.com/watch?v=Nm_2-tTDrTU&feature=share

プロ野球開幕

こんにちは^_^日本のプロ野球が6月19日開幕して役2週間、無観客の中選手は熱い戦いを繰り広げてます!!7月には観客を少しずつ入れて開催する予定ですが、どうなることと心配してます。サッカーのプロリーグのJリーグもプロ野球に遅れて7月にこれもまた無観客から始まり少しづつ観客を入れて開催するようです。そんな中アメリカ🇺🇸のメジャーリーグの傘下マイナーリーグが今季のリーグ戦中止や、アメリカンフットボールの選手のコロナ感染などやはり、しぶといウィルスだなあと改めて思います。この新しい時代の変化の中人間社会がどのように変わっていくのかの過程を目の当たりにし、スポーツをどの様に日々の生活の中に取り入れて行くのかが、今後の私達の課題です。人に考えを委ねず自ら考えて行動していくことが重要と考えます。それではまた^_^

パニック寸前

 こんにちは^_^世の中くら〜い話ばかりですね、もちろん新型コロナウィルスは怖い未知のウィルスですが、余りにも怖がりすぎてませんか?人間がそもそも持っている免疫力でウィルス事態を弱体化出来る仕組みを持っているのに、我々人間がかつてのウィルスと戦ってきて共存して成り立って来たのは紛れもなく事実である事、しかしながら、ワクチンや治療薬が開発されていない事がパニックを起こしている。しかし創造性を働かせたらそこまでパニックにならないはず、日本人は小さい頃から詰め込み教育をされていて創造する事を憚れてきました、これからの時代は何が起こるかわからない時代に入ってきていて創造し、自ら考える行動する事が何よりも大事になってきます。政府が収束宣言を出した後には、是非海外に飛び立ち想像力に磨きをかけましょう^_^それでは過度なパニック🤯は避けましょう。

新型コロナウィルス
WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう